結婚と転居届

結婚することが決まったあなたは、いよいよ婚姻届を提出ですね。

どんな気持ちでしょうか?

いろんな事を乗り越えてきた今、喜びもひとしおでしょう。

晴れて入籍となるのですが、ここで『みんなのウェディング』が行ったアンケート結果があります。

「入籍と結婚式はどちらが先か」、という質問で、第1位が「入籍が先」でした。

これは転入届等書類提出の都合上便利だという事や、新婚旅行のパスポートの都合で、ということのようです。

続いて第2位は「入籍と結婚式」が同日でした。

同日とした理由として多いのが、「記念日を統一したい」という声が圧倒的でした。

また式の演出で婚姻届に記入するから、という声も。

ただし、この場合は事前に記入漏れがないように確認する必要があります。

第3位は「結婚式が先」でした。

これは婚姻の儀式を経た後に入籍したい、との声や、両親の意向として、というのもあるようです。

入籍ひとつをとっても、こんなに考え方が違います。

さて、あなたはどうでしょうか?

 婚姻届はいつ提出しますか?

平日の昼間に二人揃って窓口に提出するのもいいですね。

でも仕事がどうしても忙しくて・・という方は役所の時間外窓口でも提出できます。

「時間外窓口に提出したけど訂正とかあったらどうしよう?
受付の日はいつになるんだろう?」

という不安も出てきますが、時間外受付に提出して翌開庁日に問題がなければ日にちを提出日に遡って受付してくれるようです。

そもそもこの婚姻届の提出先、結婚前の二人の本籍地・新しい本籍地・所在地のいずれか、と決まっています。

この所在地には一時的な滞在場所も含まれるので、なんと!リゾート地や海外でも提出することができるのです。

ただしその場合は、戸籍謄本・婚姻届が複数枚必要ですのであらかじめ確認して下さいね。

さて婚姻届を提出したあなたは、きっと窓口の人から祝福を受けることでしょう。

少子化が叫ばれている中ですので、役所によっては独自の制度・記念品等を設けていますし、やはりだれかが結婚するというのは周囲を幸福にしてくれますよね。

この際、各種手続きもたくさんありますので、一度に済ませたい方は思い切って仕事を休むことを強くおススメします。

こんなおめでたい日を奥さん任せにするのはもったいないですよ。

そして、婚姻届の前後に転居届を提出です。

おっと待って下さい。

転居届とはなんでしょうか?

転出届・転入届はよく耳にしますよね。

「転居届」とは「同じ」市区町村内で引っ越しする際に提出する届け出のことです。

ですから、違う市区町村へ引っ越す時は「転出届」を提出することになります。

他市区町村へ引っ越しする時は転出届を提出し、「転出証明書」が必要ですが、同じ市区町村へ引っ越す場合は転出届・転出証明書は不要となります。

ちなみに「転出証明書」とは、ある市町村を転出したという文字どおり、「証明書」です。

転出届を提出した結果もらえるものなので、申請書類はありません。

転入届を提出する時に必要なものなので、大事に保存しておきましょう。

つまり、婚姻届を出し、新居も見つかり、引っ越しも完了・・・確かに物理的には移動できていますので全て任務が完了した気になりますが、書類的には婚姻届を出しただけ、で止まっています。

結婚する前一人暮らしをしていて、各種手続きを経験したことがある方は大丈夫ですが、初めて実家を出る場合や等全く予備知識がない場合は気をつけたいところです。

その問題も二人でクリアしていきましょう。

転出・転入届で一番気をつけるのは転出日から転入日が2週間以内ということです。

引っ越す日から逆算していくとラクかもしれませんね。

スムーズにいくことをお祈りいたします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
  • 岡山片付け110番
  • 年中無休 即日対応 秘密厳守 地域密着
  • 0120-538-902
  • 無料相談はこちら

365日年中無休(受付時間:8時~20時)

このページの先頭へ