結婚と引っ越しの準備

では引っ越しの準備をしていきましょう。

まずは手続きの多さに「わ~っ」となりそうですが、事前に調べ、余裕をもって行動することで難なくこなしていけます。

落ちついて進めていきましょう。

まずは新居探しですね。

新居といってもいろいろです。

どちらかの両親宅で同居・戸建住宅購入・賃貸住宅等、二人で相談して決定しましょう。

戸建住宅の購入は都市部では難しいのですが、土地、建物を取得するので安定した資産となります。

 ただしメンテナンスにまとまった費用がかかるので、購入後も計画的な資金が必要です。

まだライフスタイルがはっきりしていない新婚さんは、賃貸住宅を選択することが多いようですが、さまざまな制約があるのも賃貸住宅ならではですね。

ただ最近はペット可の賃貸住宅も増えていますし選択の幅も広がりそうです。

このあたりからお互い意見が食い違いはじめますが、お互い折り合いをつけながら解決していきましょう。

病院・公園・学校等の居住環境、通勤時間等も考慮に入れてくださいね。

また今後ある程度長期間にわたって住むところです。

二人で物件を探しておけば、のちに住居についての不満が募るリスクを減らすことができるでしょう。

新居が決まると不動産会社(大家さん)との契約です。

忘れてならないのは引っ越し業者の選定・決定です。

業者・時期によってかなり金額が違ってくるようなので、遠方へ引っ越しを考えている方は業者について、じっくり吟味したほうがよさそうです。

さらに大事なのは契約後、現在の住居解約を不動産会社(大家さん)へ申し出ることです。

これは遅くても退去する1か月以上前には伝えるようにしましょう。

申し出が1か月未満の場合、賃料が発生する場合もあるので気を付けたいところです。

結婚することが決まり、いずれ退去することがあらかじめ分かっている場合は事前に相談すると良いでしょう。

新居が決まったあなたは、まず不動産会社(大家さん)に退去予定日を告げます。

そして今住んでいる住居の中を見まわして下さい。

一人暮らしの方でも(実家の方も含め)結構荷物がありますよね?

その中から不必要なもの(処分または実家へ)と必要なもの(新居へ)を分ける必要があります。

もう結婚することが決まっている(引っ越し)わけですから、不必要なものは処分等実行に移しましょう。

最近はリサイクルショップで売ることも可能です。

また必要なものだけど、今は使わないものは梱包してしまいましょう。

新居での作業は二人でできますが、ここは自分で乗り切りますよ! 新居の契約を終えたら、引っ越しの日時を決め、業者も決めてしまいましょう。

一人暮らしの方は電気・ガス・水道・電話等の休止・新規、郵便物の転送等も必要です。

引っ越しする日がはっきり決まったら、その引っ越しする予定日の2週間前から転出届を提出することができ、転出証明書が入手できます。

これを持って引っ越し日に管轄の役所へ提出、晴れて転入届が提出できます。

国民健康保険・国民年金の方はこちらも手続きが必要なのでご注意下さいね。

また下記の各種変更届に住民票が必要な場合があります。

ついでに何通か入手しておくと便利でしょう。

変更したことによる各種届出【携帯電話・カード・免許証・車庫証明・自動車保険・自動車名義・パスポート・預貯金名義】も変更が必要です。

何度も引越し前・後の役所を往復したくないので提出漏れのないようにやってしまいましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ
  • 岡山片付け110番
  • 年中無休 即日対応 秘密厳守 地域密着
  • 0120-538-902
  • 無料相談はこちら

365日年中無休(受付時間:8時~20時)

このページの先頭へ